SITE MAP
トップページ全額返金保証お客様の声Map価格表無料見積
よくある質問Q&A
コーティング・下地処理に関する一般的な質問  
Q.親水タイプと撥水タイプって何が違うの?
A.親水タイプは、水を弾かずボディ表面に水が張り付く感じになります。
あまり洗車しなくても「なんとなくキレイ」という状態を保てます。
当社の考え方としては、親水タイプは、あまり洗車をしない人にお勧めしています。
撥水タイプはその名の通り、水を弾き、ボディ表面に残った水が水玉状になり転がる感じになります。 こちらは、洗車を頻繁にしてピカピカな状態を保ちたいと考えている人にお勧めしています。
Q.キズはどの程度までキレイになるの?
A.車の地金やプライマー層まで達しているキズ、つめが掛かるような深いキズは消せませんが、
軽い擦り傷や洗車による浅めのキズであれば、キレイに消す(実際は目視出来ないレベル)ことが
出来ます。
Q.コーティングの上にワックスを使用しても大丈夫?
A.ワックスに含まれる油分が汚れの付着原因になりますので、使用は避けたほうが良いです。
当社ではお勧めはしません。
Q.新車でも磨きは必要なの?
A.経年車はもとより、新車にも磨きは必須です。
ご 説明すると、新車はメーカーの製造工場を出荷する際まずガードワックスをかけられます。
その後、陸送や海上輸送等により一時的にモータープール集められ屋外保管されます。
後に、順次全国の販売店へ搬送されるのですが、 長期にわたり屋外保管されていた車は、ここでもう一度ワックスをかけられます。 販売店に入荷後もすぐにユーザーの手に引き渡される訳ではなく、 納車の手続きなどで数日間は屋外駐車場に保管される場合がほとんどです。 このように新車といえども、ユーザーの手に届くまでにかなりの時間、風雨、紫外線にさらされます。 結果、屋外に保管されている時間が長ければ長いほど塗装は劣化し、 時間と共に汚れやワックスの油分等が塗装に染み込んでしまうのです。 経年車は、この状態がさらに悪化したものと言えるでしょう。
Q.ガラスコーティングって効果が半永久的って本当?
A.ある意味本当です。しかしこれには条件があります。
ガラスコーティングを施工した車に一切乗らず、触らず、 埃がたたない密閉空間にしまっておく、です。
要は物理的衝撃(洗車等ボディに対し力を加える行為) を与えることなく、汚染物質(酸性雨、黄砂、土等)や、それらを起因とする二次的被害(紫外線等)に 晒されることがない環境であれば、ということです。 でも実際に皆さんは、雨の日も風の日も晴れの日も車に乗って、汚れたら洗車もしますよね?
だから半永久はありえないんです。
トラフィックガラスコーティングに関する質問
Q.トラフィックガラスコーティングが高額なのはなぜ?
A.トラフィックガラスコーティングに使われる液剤自体の値段に違いがあるのは勿論のこと、 作業工程数や、かかる手間が圧倒的に違うからです。 高額だから高性能なのではなく、高性能を引出す為に高額にならざるを得ない、というのが現状です。 しかし周りを見渡してみると、高額な施工料=高性能という式が必ず成り立つかというと、そうでもなく、 むしろ高額な施工料に見合っていないコーティングが数多く存在するのが現状です。
Q.コーティング後のメンテナンスは必要?
A.定期的な持込メンテナンスを勧める施工店もありますが、 トラフィックガラスコーティングにおいては、基本的にユーザーの皆様自身によるメンテナンス(洗車)で充分です。 ユーザーの皆様自身で解決できない問題が生じた場合にのみ、ご相談ください。
Q.ひび割れたり剥がれたりすることはない?
A.大丈夫です。コーティング皮膜は塗装面に対し、しっかりと密着しているので、 ひび割れ、
剥離の心配はありません。
Q.コーティングが完全硬化するまでどれくらいかかるの?
A.完全硬化までは2週間程かかりますが、初期硬化により実用強度はすでに出ているのでご安心下さい。 出来れば施工後1ヶ月位の間は、汚れたらすぐ洗車をしていただければ、なお良いです。
メールでのお問い合わせは