SITE MAP
トップページ全額返金保証お客様の声Map価格表無料見積
洗車方法
トラフィックの洗車方法 正しい洗車方法とはどんな感じで行えばよいのでしょうか?
皆さん、洗車をする環境はどんな場所ですか? ほとんどの場所が外ですよね!
このような状況でどのように洗車をすればいいかご説明していきます。
洗車の準備1
<用意する物>
バケツ・シャンプー・スポンジ
ふき取り用クロス「ジェイワイパー」
クルマの高さにあった脚立水流が調節できる
ホース(シャワータイプ)にしておきましょう。
<下準備>
シャンプー水を使用してください。バケツにシャンプーを
適量入れ、 水で薄めて少し泡が立つぐらいにしましょう
「バケツ半分」 シャンプーは濃くても薄くても汚れの落ち具合
は変わりません。すすぎ洗いを楽に済ませるためにも、
環境保護のためにもケチケチ薄めを心がけてください。
次にあらかじめ用意してある、ふき取り用クロスを濡らしておきます。
野外での洗車のコツ
<注 意>
水道水の蒸発による残留物がシミの原因になりやすいので
注意をして一回の範囲を細かく区切って行ってください!
「洗い・すすぎ・ふき取り」という一回の範囲を細かく区切って行ってください!
ポイントとしては水道水が乾く前にふき取る事を心がけてください。
<ボディを洗う順番>
バケツの中にスポンジかクロスを入れてシャンプーをなじませ洗車を開始してください。
@ 淡色車の場合
A 濃色車の場合
B 洗い流す時は必ず水を掛けながら、スポンジを動かすのと一緒に洗い流してください。
C 洗い終えたらすぐにすすぎを行い
D ふき取り用クロス「ジェイワイパー」で
E 拭き上げてください。
この様な事に注意しながら
@   A   B
1. 「洗い・すすぎ・ふき取り」の範囲を区切って
  「天井・ ガラス面全体」を行ってください。

2.「ボンネット・フロントフェンダー左右・ フロントバンパー」

3.「トランク・リアフェンダー左右・リアバンパー」

4.「右サイド面」

5.「左サイド面」

最後にクルマ全体の拭き残しをチェックして
ボディの洗車は終了です。
*水分が気になる方で完全に吹き上げる方法としてコチラ
ご利用になると水を完全に吹き飛ばす事ができます。

上から順番に水を掛けていくと下の方が濡れてしまい濡れた
部分が乾いてシミになってしまうのではないか?
大丈夫です!
短時間であればシャンプー洗車をすればシミ跡は残りません。
C
D
E
 
メールでのお問い合わせは