SITE MAP
トップページ全額返金保証お客様の声Map価格表無料見積
ガラスコーティング選びにお悩みの方へ
信頼できるコーティング専門店の選び方
トラフィックのこだわり
トラフィックで施工するメリット
ガラスコーティング・車種別価格表
トラフィック公式ブログ
 
ご利用について
ご利用のながれ
取引・納車サービス
無料代車について
充実のサービスについて
金額返金保証について
施工証明書について
オプションメニュー無料サービスについて
作業工程について
他店と作業時間の違い
トラフィックの作業工程
トラフィックで施工するメリット
お客様の声
お客様インタビュー
BMW E65
アルファロメオ147
R34GTR
HUMMER
お客様の声
トラフィックガラスコーティングについて
トラフィックガラスコーティングとは
従来のコーティングとの4つの違い
トラフィックがこだわる下地処理
価格表
オプションメニュー
ホイールコーティング
ウインドウ撥水コーティング
メッキモールコーティング
樹脂パーツコーティング
幌コーティング
カーフィルム
お役立ちコンテンツ
塗装ミスト・ペンキ等の除去について
間違いだらけのコーティング業界
よくある質問Q&A
意外と知らない正しい洗車方法
コーティング後のボディへの接し方
会社案内
営業内容
アクセスマップ
掲載誌情報
ブログ
リンク
個人情報の取り扱いについて
代表プロフィール
トラフィック・マップ
施工ギャラリー

 ・ BMW
 ・ ボルボ
 ・ トヨタ
 ・ ホンダ
 ・ スバル
 ・ 三菱
 ・ マツダ

他店とトラフィックの作業工程および作業時間の違い
トラフィック独自の工程(ディーラー、専門店では行われない内容です)
ボディチェック&塗装検査
詳しく読む
外装パーツはずし工程
詳しく読む
クレンジング工程
詳しく読む
*ポリッシュ
詳しく読む
脱脂専用
ジャンプー洗車工程 
詳しく読む
コーティング専用
溶剤脱脂工程 
詳しく読む
トラフィックの作業工程
トラフィックガラスコーティングは車のボディ「塗装」に対する知識と 確かな施工技術を身につけたプロが施します。
1. ボディチェック&塗装の検査

塗装の質をチェック

各部ダメージをチェック
ボディのコンディションを
作業指示書に記入
まず初めに塗装の質、キズの状態を確認します。車種、経年劣化等により塗装面はそれぞれ
異なるので各部を入念にチェックし、作業指示書に記入します。お客様の美感、
美意識の細かなニュアンスにいたるまでご要望を十分に理解した上で作業を開始します。
 
2. ボディ・ホイール・タイヤハウス洗浄工程
ボディ全体を洗浄
ホイール洗浄
タイヤハウスまで入念に
まずボディ全体を洗浄します。ホイール、タイヤハウスに付着したブレーキダストや黒鉛、
鉄粉などのガンコな汚れは、各種専用ケミカルを使いわけ念入りに洗浄します。
3. 外装パーツはずし工程
ナンバープレートの
取り外しは 基本です
サイドマーカーも外します
エンブレムを外した後
この後の作業をスムーズにおこなうため、ナンバープレートはもちろん、ウインカー、
ワイパー等をはずします。
必要となれば、スポイラー、エンブレム類をあらかじめ取り外します。
※ ご要望により無料でエンブレム等も取り外します
4. クレンジング工程
洗車後にクレンジング剤を
ボディ全体にくまなく
塗りこむ
数分でボディ表面に
油分等が浮き出てくるのが
わかる
クレンジング剤を中和させる
シャンプー洗車
 
年式の古い車は言うに及ばず、新車でも目には見えない汚れや油分がすでに蓄積を始め、
塗装の中に染み込んでいます。それら磨き作業では除去しきれない汚れを完全除去することが
クレンジング工程の主な目的です。
5. 鉄粉除去工程
鉄粉除去剤を塗りこむ
隙間が無いように丁寧に
水を流しながら
念入りに洗浄
鉄粉は目で見えない微細な鉄。表面に残ったままでは新たなキズの原因となります。
専用のケミカルを使い、ボディにこびりついている鉄粉を除去します
6. 鉄粉除去工程 パートU
粘土クリーナーに付いた
鉄粉
水を流しながら鉄粉を除去
細かな鉄粉も見逃さない
さらに粘土クリーナーを使い、細かな部分に付いた鉄粉まで丁寧に除去します。
7. ジャンプー洗車工程
全体をキレイに洗浄
徹底的に洗い流す
くまなく拭き取りします
専用のシャンプーを使い、ボディに残ったケミカルや粘土カスを完全に洗い流します。
これにより表面のザラザラ感もなくなります。
8. 細部清掃・モールまわりの汚れ除去工程
こまかなワックスカスも除去
あらゆるモールもキレイに
細かな箇所も丁寧に
細部までくまなく清掃することにより、仕上がり後の全体の見栄えが変わってきます。
9. エアーブロアー工程
グリルに残った水を飛ばす
開口部の水もブローする
ホイールの水もすべて除去
エアガンで細かな部分に残った水分を完全に飛ばします。水滴はポリッシュの大敵。
グリルや開口部などの隙間に残っているわずかな水滴も、すべて吹き飛ばします。
10. マスキング工程
ゴム周りはすべて防ぐ
養生シートでマスキング
細かな部分は丁寧に
ボディの樹脂部分やパネルエッジなどを完全にマスキング。ポリッシュ時にでる
コンパウンドの粉が入らないよう、 ドアの隙間などにもテープを貼ります。
11. ポリッシュ「磨き」と溶剤脱脂作業工程
「塗装」に合わせた
ポリッシュ作業方法を決定

膜厚計で塗膜の厚みを
確認する

微妙なキズも見逃さない
ポリッシュ工程

ワンパネルごとに丁寧な
ポリッシングを施す

ポリッシュごとに必ず
溶剤脱脂を塗布しキズの
状態を確認

ポリッシュ⇒溶剤脱脂⇒
ポリッシュ⇒溶剤脱脂を数回

ポリッシュごとに必ず溶剤脱脂を塗布しキズの状態を確認しながら作業は進められます。
特にコンパウンドを変更時には溶剤脱脂を怠ると艶引けの原因になるので注意が必要です。
このような繰り返しの作業が必要なポリッシュ工程は、技術もさることながら根気と経験が
なければ出来ません。ただ単純に磨いただけではバフ目を残す結果となります。
12. 脱脂専用ジャンプー洗車工程
コンパウンドの粉をすべて
洗い流す
専用シャンプーを使って
脱脂
最後は純水で洗い流す
 
磨きが終わったら、ボディ表面に残っているコンパウンドの粉や油成分を脱脂専用シャンプーで
きれいに洗い流します。最後は純水を使ってすすぎます。
 
13. エアーブロアー工程 パートU
グリルに残った水を飛ばす
隙間も念入りにブローする
ホイールの水もすべて除去

全体を拭き上げ後、エアーブロアーで細部まで念入りに水分を吹き飛ばします。
コーティング材塗布作業中にモール等の隙間に残った水分が流れ出すとコーティング材と反応し、コーティング効果を著しく損なうことになりますので水分を完全除去しなくてはなりません。

14. コーティング塗布前の専用溶剤による脱脂工程

新品のクロスを3枚用意。
専用脱脂材をパネルごとに
塗布

2枚のクロスで完全に
拭きあげていく

塗布しながらの確認作業は
ゆっくり慎重に

塗装面とコーティング材が“引き合う環境を作り出す”のがこの作業の目的です。
作業はパネルごとに、脱脂材を染み込ませたクロスが塗装面に対して引っかかりが無いか、
弾いていないかを確認をしながらゆっくり慎重に進められます。

15. コーティング塗布工程
     

ベースコートをパネルごとに
塗布していく

そのまま定着させる為に
30分程時間をおく

その上にトップコートを
塗布することにより密着強度
が増す
セッティングは25℃前後でベースとなるコーティングをパネルごとに塗布します。
そのまま30分程おき、その上にトップコーティングを塗布します。
化学変化によりコーティング材同士が反応結合し塗装面への密着を促進させます。
16. 洗車
 
     
脅威の撥水力 丁寧に拭き取り。
最後にエアーブロアーで
細部の水も吹き飛ばします
全工程終了
 
17. 完了
 
拭き上げ後、最終確認
見違えるほどに変わります
これら全ての作業工程は車の美観向上はもとより、
“コーティング膜の完全形成”と“コーティング膜の完全密着”を
実現させるためにどれも欠かすことの出来ない重要な作業工程です。
 
メールでのお問い合わせは