SITE MAP
トップページ全額返金保証お客様の声Map価格表無料見積
ガラスコーティング選びにお悩みの方へ
信頼できるコーティング専門店の選び方
トラフィックのこだわり
トラフィックで施工するメリット
ガラスコーティング・車種別価格表
トラフィック公式ブログ
 
ご利用について
ご利用のながれ
取引・納車サービス
無料代車について
充実のサービスについて
金額返金保証について
施工証明書について
オプションメニュー無料サービスについて
作業工程について
他店と作業時間の違い
トラフィックの作業工程
トラフィックで施工するメリット
お客様の声
お客様インタビュー
BMW E65
アルファロメオ147
R34GTR
HUMMER
お客様の声
トラフィックガラスコーティングについて
トラフィックガラスコーティングとは
従来のコーティングとの4つの違い
トラフィックがこだわる下地処理
価格表
オプションメニュー
ホイールコーティング
ウインドウ撥水コーティング
メッキモールコーティング
樹脂パーツコーティング
幌コーティング
カーフィルム
お役立ちコンテンツ
塗装ミスト・ペンキ等の除去について
間違いだらけのコーティング業界
よくある質問Q&A
意外と知らない正しい洗車方法
コーティング後のボディへの接し方
会社案内
営業内容
アクセスマップ
掲載誌情報
ブログ
リンク
個人情報の取り扱いについて
代表プロフィール
トラフィック・マップ
施工ギャラリー

 ・ BMW
 ・ ボルボ
 ・ トヨタ
 ・ ホンダ
 ・ スバル
 ・ 三菱
 ・ マツダ

 
   
フェラーリ FF 



施工手順はこちらから≫
 
 
   
ポルシェ パナメーラ 



施工手順はこちらから≫
 
 
   
テスラ モデル X 



施工手順はこちらから≫
 
 
   
ランボルギーニ ガヤルド 



施工手順はこちらから≫
 
 
   
フェラーリ 458スペチアーレ 



施工手順はこちらから≫
 
 
 
ランボルギーニ ウラカン 



施工手順はこちらから≫
 
 
パガーニ ウアイラ   パガーニ ウアイラ

「パガーニ ウアイラ」が入庫しました。
なんとこの車、日本上陸1号車です。
今回は一般のお客様ではなく、「パガーニジャパン」よりプレス公開に先立ちコーティングのご依頼を受けました。(依頼日5月29日)
去年の2013年6月24日にプレス公開された、まさに「あの車」です。

施工手順はこちらから≫
 
         
FerrariF50   フェラーリ F50

久し振りに「フェラーリF50」が入庫しました!
ボディカラーは、フェラーリイメージカラーの
「ロッソコルサ」です。前回施工したF50はホワイトボディで、かれこれ12年以上前です。
当時ホームページはまだ持ってなかったので、施工写真が残っていないのが残念です。


施工手順はこちらから≫
 
         
ロールスロイス ファントムクーペ   ロールスロイス ファントムクーペ
神奈川県 F様より依頼


ロールスロイスのフラッグシップモデルである
「ファントム」が入庫しました。
尋常ならざる超高級車のオーラ、そして遠近感がおかしくなったように感じる大柄のボディには、何度施工しても驚かされます。


施工手順はこちらから≫
 
         
アストンマーチンDB7   アストンマーチン DB7
東京都 A様より依頼


流麗なフォルムが印象的な英国高級車
「アストンマーチンDB7」が入庫しました。
このメタリックグリーンはアストンマーチン
ならではのカラーですが、細かいキズだらけで色がくすんで見えます。


施工手順はこちらから≫
 
         
BMW MINIクーパー   BMW MINIクーパー

初代オースチン、モーリスの時代からの
デザインを踏襲した「BMW MINI」が
入庫しました。
BMWの傘下に入る前のミニは少しマニアックな印象がありましたが、このBMWミニは、
良い意味で「街に溶け込んでいる」といった
雰囲気があります。

施工手順はこちらから≫
 
         
BMW アルピナB3 BITURBO   BMW アルピナB3 BITURBO
埼玉県 T様より依頼


アルピナといえば、この「アルピナブルー」
BMWアルピナの施工台数は何台もありますが、やはり一番多くのご依頼を頂くのは、
この色です。
個人的にも好きなボディカラーの一つです。

施工手順はこちらから≫
 
 
メルセデスベンツCLA180   メルセデスベンツ CLA180
東京都 T様より依頼


大ヒット中の「Aクラス」のセダンバージョン
最新の「CLA」が入庫しました。
グラマラスで美人なフォルムと攻撃的なマスク
を持ったこの車は、大ヒット間違いなし!
この真っ赤な「美人」を「麗人」に仕上げます。

施工手順はこちらから≫
 
 
メルセデスベンツSLRマクラーレン   メルセデスベンツSLRマクラーレン

メルセデスベンツとマクラーレンが共同開発
したスーパースポーツカーが入庫しました。
日本へ正規輸入は「22台」と、かなりレアです。
実は、この車種を扱うのは2台目です。
前回はブラックでしたが今回はシルバー。
今回もバッチリ仕上げます。

施工手順はこちらから≫
 
 
フェラーリ599GTO   フェラーリ 599GTO

世界限定599台の「599GTO」が
入庫しました。ラグジュアリーとスパルタンが
MIXしたような印象の一台です。フロントに
6ℓV12気筒エンジンを積んでいるので
エンジンフードが大きく、
磨き甲斐がありそうです。

施工手順はこちらから≫
 
 
ポルシェ911カレラ   ポルシェ 911カレラ

新型の「911」が入庫しました。
ボディカラーは、目の覚めるような
「レーシングイエロー」です。
納車されたばかりなので、まだまだ綺麗
ですが、この輝きを持続させるために、
「最強の防御膜」を施工します。

施工手順はこちらから≫
 
 
メルセデスベンツML350   メルセデスベンツ ML350
東京都 T様より依頼


無骨なデザインゆえ万人向けではない
「Gクラス」に対し、ファミリーユースを意識して開発されたのが、この「Mクラス」です。
「ジュラシックパーク」に登場し、頑丈さを
アピールしたのが記憶に新しい?車です。

施工手順はこちらから≫
 
 
ジャガーXJ308   ジャガー XJ308

ジャガーといえばこの形「XJ」が入庫しました。それもアーデン仕様の「AJ10」です。
現在のXJは、フルモデルチェンジにより
全く違った形に生まれ変わりましたが、
この型のXJは今でも根強い人気があり、
フィルム、コーティング施工と年間数台は
ご依頼を受けます。

施工手順はこちらから≫
 
 
ランボルギーニ ミウラP400S   ランボルギーニ ミウラP400S

40年以上前に生産された車ですが、
未だその魅力は衰えない華麗なフォルムを
持つの「ミウラ」です。
その中でも希少な「P400S」です。
このような歴史的価値のある車をキレイにすることが出来るなんて、磨き屋冥利につきます。

施工手順はこちらから≫
 
 
フェラーリ360スパイダー   フェラーリ 360スパイダー
東京都 Y様より依頼


フェラーリの車は全般的に曲面が多いので
磨き作業に思いの外、手間が掛かります。

さらにスパイダーはマスキングをする箇所が
多いので、やはり手間が掛かります。

ですが、どんなに施工に手間が掛ろうが、
「一切手を抜かない」

これがトラフィックの信条です。
施工手順はこちらから≫
 
 
メルセデスベンツS350  
メルセデスベンツ S350

東京都 S様より依頼



お客様からの依頼は
「一番良いコーティングの施工」
ということなので
勿論、施工内容は当店が誇る
「現在最も強く、そして最も美しく仕上がる
トラフィックガラスコーティング」です。

施工手順はこちらから≫
 
 
ランボルギーニカウンタックLP5000QV  
ランボルギーニ
カウンタックLP5000QV
東京都 O様より依頼


希少な5000QVが入庫しました。これぞ正に「スーパーカー」ですね。オールペンされたばかりとのことで一見綺麗に見えますが細かいバフ傷が、沢山残っています。車が車だけに洗車には細心の注意を払い、粘土がけ、クレンジングも完了し、いよいよ磨きの作業を始めます。

施工手順はこちらから≫
 
 
スバル インプレッサ  
SUBARU
インプレッサSTI
東京都 Y様より依頼

スバルほど「塗装の質」がまちまちなメーカーは他にありません。同じ年式の同一車種であっても「塗装の質」は全く異なります。ですが、そこは
「経験」と「腕」の見せどころです。今回入庫したインプレッサは比較的塗装の質が「良好」です。それに合わせて施工方法を決定し、作業を開始します。

施工手順はこちらから≫
 
 
トヨタ ヴェルファイア  


トヨタ ヴェルファイア
埼玉県 Y様より依頼

ヴェルファイアのブラックは、特に施工依頼の多い車のひとつですが、この車に使われている「202」という塗料は、施工が最も難しい部類に属するものです。今回は職人歴10年の原田をメインに施工を進めていきます。
※現在28歳恋人募集中です。
いい人いたら当店までご連絡下さい!

施工手順はこちらから≫

 
 
レクサスIS-F  
レクサス IS-F
東京都 Y様より依頼

ラグジュアリーなレクサスブランドの中で、
一番ホットなスポーツセダン「IS-F」が入庫
しました。ボディカラーがブラックなだけに、
細かいシミやキズが多く目立ちますが、トラフィックの技術であれば特に問題なくキレイに仕上がります。

施工手順はこちらから≫

 
 
ダイムラーW6  
ダイムラー W6

東京都 N様より依頼

流麗なボディを持つダイムラーW6が入庫しました。20年前の車ですが、一度全塗装されているので、塗装の状態はそれほど悪くありません。しかし細かい洗車キズが多く、色が少しくすんで見えます。これから「ブリティッシュグリーン」を蘇らせます。

施工手順はこちらから≫


 
 
アウディTT  
アウディ TT
茨城県 H様より依頼

施工手順はこちらから≫

 
 
 
キャデラック SRX
クロスオーバー
茨城県 K様より依頼

アメ車の代名詞「キャデラック」が入庫しました。
ラウンドシェイプの車が多い中、角ばったフォルムが印象的な一台です。

施工手順はこちらから≫
 
 
 
FIAT500
東京都 K様より依頼

今、女性ドライバーに大人気のFIAT500です。
この車のオーナーも女性の方です。
以前、コーティングの施工依頼は男性のお客様ばかりでしたが、最近は女性のお客様も増えて嬉しい限りです。

施工手順はこちらから≫
 
 
 
マツダ ロードスター
東京都 N様より依頼

世界に衝撃を与えたライトウエイトオープン2シーター「ユーノスロードスター」から数えて3代目の「マツダロードスター」が入庫しました。イエローはあまりキズが目立つ色ではありませんが、ライトを当てると結構キズがあります。
施工手順はこちらから≫
 
 
 
トヨタ FT86
東京都 F様より依頼


ただ今、人気沸騰中「FT86」が入庫しました。
今や伝説?と化した「AE86」こと、レビン、トレノの後継機として開発されたこのマシンは、
勿論FRレイアウトの純粋スポーツカー。
これからの国産スポーツカー市場に一石を投じる車になりそうです。
施工手順はこちらから≫
 
 
 
クライスラー 300C
東京都 F様より依頼


モデルチェンジしたクライスラー300Cが入庫しました。 並行輸入の新車ということでしたが、正直なところキズ、シミだらけのボディです。お客さまも輸入業者にあきれ気味ですが、ここで本当の意味の「新車」に仕上げます。
施工手順はこちらから≫
 
 
 
フェラーリ エンツォ


言わずと知れた「エンツォ」が入庫しました。
しかも、数えるほどしか存在しない超希少な
「ブラック」です。今でも車は大好きですが、
スーパーカー好きだった少年の心に戻ります。
しかし、施工する車によって「差別」することは
ありません。依頼を受けた全ての車を分け隔てなく「最高の技術」と「最強のコーティング」
で仕上げます。

施工手順はこちらから≫
 
 
 
ランボルギーニ アヴェンタドール


ムルシエラゴの後継機「アヴェンタドール」が入庫しました。過去に何台ものランボルギーニは施工しましたが、これは初めての機種です。
一見キレイな感じですが、よく見るとボディは細かいキズだらけです。

施工手順はこちらから≫
 
 
 
ポルシェ カイエンターボ
埼玉県 K様より依頼


K様からの依頼はフェラーリに次いで2台目となります。最初のフェラーリはディーラーの
コーティングに不満で持ち込まれたのですが、
当社の施工を気に入って頂き、2台目の施工依頼となりました。

施工手順はこちらから≫
 
 
 
アルファロメオ ジュリエッタ
茨城県 K様より依頼


30年ぶりの復活を遂げたジュリエッタが入庫しました。それも一番高性能モデルの
「クアドリフォリオヴェルデ」です。
(四葉のクローバーのエンブレムが目印)
まだまだ綺麗ですが、更に綺麗に仕上げます。

施工手順はこちらから≫
 
 
 
 
メールでのお問い合わせは