SITE MAP
トップページ全額返金保証お客様の声Map価格表無料見積
 
フェラーリF50

アストンマーチンDB7
東京都 A様より依頼


流麗なフォルムが印象的な英国高級車「アストンマーチンDB7」が入庫しました。
このメタリックグリーンはアストンマーチンならではのカラーですが、細かいキズだらけで色がくすんで見えます。

 
 

  全体を軽く洗車して塗装面の状態を確認します。   ホイールの汚れが酷い場合は、この時点で
ある程度キレイにしておきます。
 

  一見キレイに見えますが、
ボディは細かいキズだらけです。
  所々深いキズもありますが、
出来るだけ目立たぬよう磨き仕上げていきます。
 

  ナンバーなど外せるパーツは外しておきます。   ボディに余計なキズが入らぬよう、
慎重にエブレムを外します。
 

  クレンジング前にモールやメッキパーツは
マスキングします。
  クレンジング材を優しく丁寧に隈なく塗り込みます。  

  クレンジング処理により、塗装の奥の汚れ、油分を
塗装面上に浮かび上がらせることが出来ます。
  クレンジングにより浮き上った汚れ、油分を
専用シャンプーで洗います。
 

  水で洗い流し拭き取ります。   拭き取った後は、エアブローで水滴を
吹き飛ばします。
 

  乾燥後にマスキング。   エンジンフード内もビニールで養生します。  

  窓枠や鍵穴も丁寧にマスキングします。   マスキング完了。  

  軽く磨いて塗装の性質を把握してから、
機材、コンパウンドを選定します。
  長年の経験により、
少し磨けば塗装の性質は判別できます。
 

  塗装の性質によってポリッシャーの回転数や力加減(圧力)を調整しながら一定に磨くことが重要です。   塗装面を均一に磨くには、
長年の経験と勘も必要です。
 

  磨いた後は隙間に残ったコンパウンドを除去します。   タイヤハウスの内側も出来る限りキレイにします。  

  洗車後、完全乾燥してから脱脂、コーティング。   水分が残っているとコーティングが定着しないので、
充分に乾燥させることが重要です。
 

  施工完了。  










 
   10年以上経過している車だけにボディ全体に細かいキズが多く入っていましたが、
   磨きでしっかり取れました。
   くすんで見えたメタリックグリーンは新車以上の輝きを取り戻し、
   お客様には大変喜んで頂きました。

   施工内容:トラフィックガラスコーティング(経年車追加下地処理含む)
          ホイールコーティング
          メッキパーツコーティング
          ウィンドウガラス撥水コーティング(ガラス磨き含む)

 
 
 
メールでのお問い合わせは