SITE MAP
トップページ全額返金保証お客様の声Map価格表無料見積
ガラスコーティング選びにお悩みの方へ
信頼できるコーティング専門店の選び方
トラフィックのこだわり
トラフィックで施工するメリット
ガラスコーティング・車種別価格表
トラフィック公式ブログ
 
ご利用について
ご利用のながれ
取引・納車サービス
無料代車について
充実のサービスについて
金額返金保証について
施工証明書について
オプションメニュー無料サービスについて
作業工程について
他店と作業時間の違い
トラフィックの作業工程
トラフィックで施工するメリット
お客様の声
お客様インタビュー
BMW E65
アルファロメオ147
R34GTR
HUMMER
お客様の声
トラフィックガラスコーティングについて
トラフィックガラスコーティングとは
従来のコーティングとの4つの違い
トラフィックがこだわる下地処理
価格表
オプションメニュー
ホイールコーティング
ウインドウ撥水コーティング
メッキモールコーティング
樹脂パーツコーティング
幌コーティング
カーフィルム
お役立ちコンテンツ
塗装ミスト・ペンキ等の除去について
間違いだらけのコーティング業界
よくある質問Q&A
意外と知らない正しい洗車方法
コーティング後のボディへの接し方
会社案内
営業内容
アクセスマップ
掲載誌情報
ブログ
リンク
個人情報の取り扱いについて
代表プロフィール
トラフィック・マップ
施工ギャラリー

 ・ BMW
 ・ ボルボ
 ・ トヨタ
 ・ ホンダ
 ・ スバル
 ・ 三菱
 ・ マツダ

 
 

外国車の硬い塗装からソリッドブラックの軟らかい塗装まで美しく仕上げる技術
キズを接合することにより塗装膜を蘇生させる磨きが可能
他店で断られる位ダメージを受けているボディにも対応可能
月20台限定施工により一台あたりにかける施工が充実
洗車からコーティングまで完全密閉空間での作業
作業スペースの床面は全面防塵仕様
大型空調2基完備により一年中、温度、湿度が一定
細かいキズさえも見逃さないための数々の特殊照明灯完備
コーティングに関するどんな疑問、質問にも豊富な知識で、親切、丁寧に対応

どの車においても同様の下地処理をする施工
店がほとんどなのですが、
トラフィックでは、
「施工前にそれぞれの車における塗装の
性質を正確に把握すること」が重要と考え
ます。

塗装の性質は大きく分けて
「硬くて滑らない」「硬くて滑る」
「軟らかくて滑らない」「軟らかくて滑る」
の 4つに分類する事が出来ます。
それぞれの車がどの性質なのかを正確に
見極めることによって機材やケミカル(コンパ
ウンド等)を選定することが初めて可能と
なります。
勿論、各機材の性能や各ケミカルの特性を
熟知していないと正しい選定はできません。

塗装の性質を見極める技能、各機材、
ケミカルについての知識、使いこなす技量が
あって初めて、様々な車に対応した適切な
下地処理により、ボディをさらに美しく仕上げ
ることが可能となるのです。


 
 
 
 
一般的に考えられている磨きの理論とは
「塗装面についたキズの深さの分まで削り取り(磨き)塗装表面
を平滑にする」です。

現在、ほとんどの専門店がこの理論通りの磨き作業を行って
いますが、 この理論通りの磨きをしては塗装膜自体が薄くなる
ばかりか、 二度と磨きができない塗装面になってしまう可能性が
あります。


トラフィックの理論は、「塗装面についたキズの深さ分まで
削り取る(磨く)ことなく塗装表面を平滑にする」です。


これは、塗装表面にあるクリア層が樹脂であることを理解し、
その特性をうまく利用した磨き方により可能となる理論です。

無論、塗装表面にあるクリア層を突き抜ける、地金に達していると
いった様な深いキズは完全には取れないのは仕方のないことですが

この技術により、塗装面を深く削らずにキズを接合しながら
塗装膜を蘇生させる磨きが可能
となります。

この理論は、塗装の質を見極める技能、材質の特性、各機材、
ケミカルについての知識、使いこなす技量があって初めて
提唱することが出来る理論です。






 
 
 
 

他の施工店において「塗装にダメージを受けすぎていてとてもキレイには仕上げられない」
「塗装膜が薄すぎて磨けない」と判断された為
コーティング施工を断られた、というお客様が
ご相談に来られることがよくあります。
しかしそのほとんどは、トラフィックにおいては
問題なくキレイに仕上げられる程度のダメージ
です。
それぞれの施工店に適切な設備、知識、技能に
長けた技術者がいれば問題のないことですが
この様なケースは後を絶ちません。

トラフィックは、どれだけボディにダメージを
受けている車であっても現状よりは必ずキレイ
に仕上げることをお約束します。



       
 
トラフィックガラスコーティングの施工は、月に20台限定とさせて頂いております。
これは、一台にかける下地処理作業工程数や、かかる手間が従来のコーティングと圧倒的に
違うために月20台が限界だからです。
それに持ち込まれる車のボディコンディションは一台一台異なる為
毎回同じ流れで終わらせる単純作業という訳にはいきません。
正直なところ、下地処理工程を簡略化してしまえば手間、時間共に少なくて済みます。
結果、コスト(施工料)を抑えることも出来るでしょう。
そして、多くの施工依頼を頂いたとしても対応できます。

しかし、下地処理工程が不十分なままでは、コーティング性能は充分に発揮されません。
そのひとつひとつの細かな作業が、トラフィックガラスコーティングの性能を充分に
発揮させるには必要な作業なのです。
単に、引渡し時のキレイさだけの話では無いからこそこだわっているのです。





トラフィックでは、洗車からコーティングまで
全ての作業工程を完全密閉空間で行って
おります。


下地処理作業やコーティング材を塗布する
作業中に、チリや砂埃などがボディの表面に
付着すると、ボディに新たなダメージを与えたり
コーティング材がボディに密着するのをさまたげてしまう原因になり兼ねません。

コーティング施工における各作業工程は、とてもデリケートなんです。

屋外は勿論のこと、ビニールカーテンなどで
仕切った半室内での施工作業は論外です。
お客様からの大事な預かりものである車を
外部のチリや砂埃から守る為に大きなガラス戸、
シャッターで建物ごとシャットアウトして作業する
ことがとても重要です。

 
 
 



作業スペースの床が打ちっぱなしのコンクリート
ですと歩くたびに砂埃が舞い上がります。
その砂埃が、コーティング施工においての全ての
作業(特にポリッシュ作業)に悪影響を及ぼすこと
は言うまでもありません。
トラフィックでは、作業スペースの床面に防塵塗料
を定期的に塗り変えしています。
防塵塗料は静電気を抑え、砂埃が舞うのを
最大限防ぎます。
防塵塗料の色は、車の傷が見えやすい様に光の
反射を極力抑えるライトグレーにしています。
作業スペースは、車を移動させる際どうしてもタイヤの摩擦等で汚れてきます。
定期的に塗り替え
をすることで常に綺麗な床面を保ち砂埃による
悪影響を防いでいるのです。


 
 
コーティング材の塗布作業において、作業空間
の温度、湿度管理は非常に重要です。

コーティング材は、温度が高いと塗布したそばから
乾きはじめる為、ムラが出やすくなります。
ムラが出てしまうと均一な膜を形成することが出来
ません。
湿度が高いと逆に乾きづらくなるため、初期硬化
が遅れコーティング膜の実用強度が出るまでに
時間がかかってしまいます。

トラフィックでは大型空調2基完備により
作業空間の温度、湿度を一年中一定に保つ
ことが出来ます。



 
 
コーティング施工における各作業工程において
どの工程においても塗装の状態、キズを的確に
判断することはとても重要なことです。

トラフィックでは、様々な照明の種類・数・角度
を状況に応じ様々なパターンで組み合わせた
設備環境で磨くことで、常に正確に塗装の
状態を見極め、車の塗装面を最良の状態に
仕上げることが出来ます。

どんなに経験を積んでいて腕が良くても
照明設備が悪ければその腕を発揮することは
出来ません。

コーティング施工にとって照明設備を充実させ
ることは、それほど重要なことなのです。


 
メタルハライドランプ
LPLブロムライト
 
水銀灯
大型蛍光灯
例えばクルマを購入する時とか、趣味で大事な物を探している時などは
しつこすぎて嫌われるのでは?という位に質問しちゃいますよね?
何故ならば購入した後めちゃくちゃ程度の悪い物だったら最悪ですし
誰がどう見たって明らかに「これはちょっと違うよなぁ〜」だったら
嫌ですからね。

ご自分の大切な愛車を預けるわけですし“高い買い物”なんですから
コーティングに関する質問はどんどんしてください!するべきです!
もし、ろくに質問にも対応してくれない店や、質問の答えがあいまいな店
だったらやめた方が賢明です!
とにかく、どんな些細な事でも、「今さら訊くの恥ずかしいな〜」
なんて事も
わからないことはどんどん質問しましょう!
トラフィックでは皆様のどんな質問、疑問にも親切、丁寧に


バンバン答えちゃいます!!
金山功プロフィール
金山功ブログ
 
 
メールでのお問い合わせは